辺り一面ユキ景色

北海道犬ユキの成長記録。

悪質な犬のトレーニング施設に入るとどうなるか はじめに

以前触れたように、ユキを合宿に入れました。端的に結果を話すと、大失敗!

色んな事が悪化して、帰ってきました。

 

もやもやを抱えつつ、はじめはブログに書くのを躊躇いました。恥ずかしいですし、ユキに辛い思いをさせてしまい情け無い。飼い主失敗と言われてもおかしくないくらい、私にも責があると感じたからです。

だって、ユキには何一つ悪い所はないのですから。早期から親と離され、迎えられた家は田舎の、犬を飼った経験の無い家庭。そんな我が家で問題行動がおきないはずもなく、もっと経験豊富な家庭であれば...都会の選択肢の多い場所に住めていたら...。

 

 

そんな訳で、ある種自己の保守のために書き控えていた訳ですが...日に日にブログに書き残した方が良いのでは無いかと思い始めました。

 

今後、後悔する飼い主を生まないために。

そして何より、これ以上不幸な犬を増やさないために...。

しがない寂れたブログなので意味のないことかもしれませんが、もし将来的に一人でも救えたらという気持ちで、愛犬家の一人として恥を忍んで実体験とともに記録を残したいと思います。

一か月ぶりに

ここひと月、ユキの去勢手術があったり合宿トレーニング(3か月)があったり、私生活が忙しくなかなかテンションの上がらない日々が続いていました。

特に去勢手術は、最初1、2日朝は痛み止めも併用しているにも関わらず、元気がなく排便もなくと非常に心配しました。

が、2日目の朝くらいから元気が出て来たようで、いつものユキに戻りました。

 

最初は病院で頂いた簡単な術後服だったのですが、それが嫌だったみたいです。

苦しんでいる様子はあまり撮りたくなかったので、写真はすくないですが…

f:id:yuki_2016-10-15:20170320080617j:imagef:id:yuki_2016-10-15:20170320080632j:image

 

もっとしっかりしたものを買っておいてあげればと思いましたが、手術が決まったのが3日前くらいと急だったので用意できませんでした。

 

その後、術後服の包帯?が取れ、急遽エリザベスカラーに。

でも、どちらかと言うとカラーの方がストレスが少ないようでした。

 

f:id:yuki_2016-10-15:20170320081004j:imagef:id:yuki_2016-10-15:20170320081012j:imagef:id:yuki_2016-10-15:20170320081037j:image

 

いつもの笑顔とは全く違い、疲れとストレスが垣間見える顔をしています。

 

f:id:yuki_2016-10-15:20170320081121j:imagef:id:yuki_2016-10-15:20170320081136j:image

 

あまりに辛そうなので、取ってあげたいと何度も思いました。

しかし、取り上げることで傷の治癒が遅れカラーを付ける期間が長くなるほうがユキにとって辛いに違いないので、泣く泣くこのままに。

 

1日1日が長く、見ている私も辛い1週間でした。

でも、サージレックス・エンシールシステムという、術創が小さく合併症の確率・麻酔も少ない、体への負担が少ない手術を受けられたことは良かったと思います。

普通の手術に+8000円でできたので、危険を少しでも減らせるなら全然高くない、むしろ安いくらいですね。

 

ちなみにこの時、マイクロチップも埋め込みました。うちは東南海地震で大きな被害があると予想されるところに住んでいるので、万が一に備え。

これで迷子になってもひとまず安心?

 

 

ユキの合宿については、また後日。

はじめまして

ユキです。北海道犬の男の子ですが、生まれは三重県です。

この子の生い立ちは少し複雑なのですが、それはまたの機会に...

 

f:id:yuki_2016-10-15:20170216213428j:image

うちに来た時は、こんなに小さな赤ちゃんでした。

f:id:yuki_2016-10-15:20170216213507j:image

 

今は4ヶ月になりました。今日病院へ行き、測ってもらったら9.8キロくらいありました。

来た時は1.5キロだったので、ものすごい成長ぶりです。

 f:id:yuki_2016-10-15:20170217114820j:image

 

そして最近、ユキは警戒吠えを始めてしまいました。

どうやら社会化が不足していたようです。

本当に申し訳ないと思いました。

 

散歩のやり方などを工夫しつつ、最近は吠えは少なくなってきました。

来月から犬の幼稚園で長期合宿予定なので、そこで様々な犬や人と楽しく触れ合いながら、社会化を取り戻してくれたらいいなと思っています。

 

 

そして今日行った病院でも、吠えそうなので外で待たせてもらうことに。

案の定吠えてしまったのですが、中にはとても優しい方もいて、警戒吠えをするユキに笑顔で話しかけてくださる方もいました。

 

どうしたものかと考えているうちに、爪切りで使えるかもしれない大好きな馬のアキレスを持って来たことを思い出し、人や犬が見えたら吠える前に噛ませ、良い印象を与えるプチトレーニングをやってみました。

効果があるかわからず始めてみましたが、意外と食いついてくれて、途中離してしまうこともありましたが諦めず口に持って行くことでまた噛み始めました。

 

噛み噛みしてしばらくした時、優しそうな男性が話しかけて来てくれました。

ユキは男性が苦手だったので、万が一に備えしっかり見張ろうと気にかけつつお話したのですが、気さくな男性にユキも嬉しかったようで、とても喜んでいました。

その後奥様もいらして、その方のこともユキは大好きになり、ユキのテンションは上がりっぱなしでした。

 

その後、北海道犬を飼われている女性ともお会いして、ワンコ談義に花を咲かせました。

ユキはその方も大変気に入ったようで、嬉しそうにしていました。

一緒にいた甲斐犬の子のことも気になって挨拶?したかったようですが、ユキが怖かったようです(少し前にワン!と言ってしまったからかも)

 

実はユキは、先日ノーリードのダックス?に噛まれてしまい、また以前から他犬に良い思いをしてこなった(吠えられたり...)ので、何もしていない子にも警戒吠えをするようになり、飼い主的には攻撃的な子に育っているのではと非常に焦っていたのですが、今回攻撃的になることもなく興味を持って近付いて行ってくれたことにすごく安心しました。

まだ間に合うかもしれない!と。

 

病院に来ていた方々は、動物好きな方が多いだけあって優しい方ばかりです。

かわいい、かわいいと色んな方から言って頂いて、ユキも飼い主も大満足の一日でした。

今回の触れ合いが、ユキの良き成長のための良い刺激になり、本当に感謝しています。

 

家に帰った後は、幸せそうに満足感溢れる顔で熟睡していました。

f:id:yuki_2016-10-15:20170217111959j:image